株式会社ホウショウEG

株式会社ホウショウEGは愛知県豊川市から、全国ネットで営業しております。


組立式簡易濁水処理機「どこでも きよみず」

ホウショウEGが開発した「どこでも きよみず」は組立式の簡易濁水処理機です。
当社がこの濁水処理機を開発した背景には、災害時などの非常時に生じる生活用水の不足をどうにかして解消したいという想いがありました。

雨水や河川の水から洗濯用やシャワー用などの生活用水を容易に作ることができる「どこでも きよみず」は、自治体の災害対策としても有効な優れた装置です。

さらに「どこでも きよみず」は人力で操作できるよう設計されているため、クレーンや電力などのエネルギーを使うことなく誰でも簡単に生活用水を作ることが可能です。

組立式簡易濁水処理機「どこでも きよみず」

組立式簡易濁水処理機「どこでも きよみず」

● 分解・組立式で重量が約20kgという軽量設計のため人力で運搬でき、湖川付近に運び
  濁水処理が可能です。

● ビニール製タンクを使用することにより軽量化が実現でき、設置の際にクレーンなどの
  重機が不要です。

● 手動撹拌方式を採用しているため、電力やガソリンなどを必要としません。

● 組立式設計のため、使用しない時は分解してコンパクトに収納できるので、スペースを
  有効に活用できます。

● 凝集剤を投入して撹拌するだけで処理できるため、専門的な知識がない人でも操作が
  可能です。

処理方式 凝集剤による凝集沈殿方式
組立時寸法(mm) 581(幅)×581(奥行)×1250(高さ)
タンク容量(L) 200
乾燥重量(kg) 20
備考 ・分解・組立方式
・手動撹拌方式
・クレーンおよび電力不要
・短時間処理可能(特殊凝集剤「ハイパーフロック」使用時)

●処理水は、そのままでは飲料用に適しておりません。別途、殺菌処理などが必要です。

●本仕様は改良のため、予告なく変更することがありますのでご了承ください。

「どこでもきよみず」は今までの防災用浄水器とは違います!

よくお客様から、「どこでもきよみず」は防災用浄水器と何が違うのか?といったご質問をお受けします。
そこで、「どこでもきよみず」と防災用浄水器を比較してご紹介します。
ぜひご参考にしてください。

  既存製品
防災用浄水器など
「どこでもきよみず」
生活用水生成のための簡易濁水処理機
利便性 ×
電力やガソリンなどのエネルギーを必要とします。

災害時には確保の困難な電力やガソリンといったエネルギーを必要としません。
また、特別な知識がなくてもカンタンに組立・操作できます。
軽量性 ×
約30〜200kgの重量があり、人力では運搬できません。

20kg程度なので、人力での運搬が可能です。
簡単に輸送でき、河川の近くなど必要な場所に
「どこでもきよみず」を運んで濁水処理できます。
操作性
製品によっては、調整弁などでの微妙な調整や専門的な知識を必要とします。

濁水処理の操作に特別な調整や専門的な知識を必要としません。
また凝集剤を散布し攪拌するだけで処理が完了するので、力の弱い女性やお子様でもカンタンに操作できます。
収納性 ×
分解できないため、保管には大きなスペースが必要です。

いくつかのパーツに分解できるように設計してあります。
使用しないときはコンパクトに収納でき、スペースをとりません。

「どこでもきよみず」は公的支援策の認定を受けています

「どこでもきよみず」の開発は、愛知県知事より「経営革新計画」の承認を得ています。

「どこでもきよみず」の開発は、「平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者
  試作
開発等支援事業」に採択されています。

「どこでもきよみず」は非常時に役立つ濁水処理機です

予想されている大災害。その時が来てからでは遅すぎます。
「どこでもきよみず」は、非常時の生活用水確保を前提として設計されています。防災・減災のために、是非ご検討ください。

組立式簡易濁水処理機「どこでも きよみず」





Copyright© Houshou-EG Corporation. All Rights Reserved.